初めての事故でしたが、相手の保険がきちんとしていて幸いでした。

免許をとってから1年もしないうちに、私は交通事故にあいました。
私が運転していた車が赤信号で停車していた所に、後ろから追突されたのです。
後ろの車は前方不注意でした。
これまでに事故にあったことが無いので、「何事か?」というほど、ぶつけられた事に気付きませんでしたが、車を降りてみると、相手の車のバンパーはボロボロになっています。
幸い私のほうの車のリアバンパーは凹んでいるくらいです。
初めての事故ながら、家族から、事故にあった場合の手順をきいていたので、警察に電話したあと、相手の免許証や保険の情報を伺って交換しました。
警察もすぐにきてくれレポートをつくってくれ、とんとん拍子に30分ほどで処理は終わりました。
問題はこのあとです。
初めての事故なので、この後、どうしたらよいかわからず、とりあえず自分の保険会社に電話して話をすると、それは相手の保険会社が連絡してくるから待つように、とのことでした。
教えられたとおり待っていると電話があり、どのくらいの車のダメージかを聞かれ、ただちに修理屋さんにもって行くよういわれ、代車も出してもらえました。
相手の保険屋さんいはく、私にぶつかった女性は初めての事故で動揺しているが、とてもしっかりしたご家庭のかたで、長い間家族で、自動車保険代も毎月きちんと、支払うようなご家庭の人だから心配は要らないといわれました。
その言葉通り、事故から1ヶ月以内に車の修理もすみ、私の生活は何事もなかったかのように、元に戻りました。
しっかりした自動車保険に入っている、ということは、本当に大切です。
そして私もあの事故のおかげで、事故について、そして保険会社とのやりとりについて学べましたので、災い転じて福となす、と思っています。

高血圧サプリランキング
自分に合ったサプリをお探しください。